ミッション・インポッシブル

映画「ミッションインポッシブルローグネーション」ネタバレあらすじと結末!

どうも、光成です。

 

今日はミッションインポッシブルローグネーションのネタバレあらすじを話していきますね。

最初にイーサン演じるトム・クルーズが飛行機に飛び乗るんですが、

「こんなのありえねーだろw」

という声が出てしまいました。笑

 

映画「ミッションインポッシブルローグネーション」キャスト

イーサン·ハント-トム·クルーズ

ウィリアム·ブラント-ジェレミー·レナー

ベンジー·ダン-サイモン·ペッグ

イルサ·ファウスト-レベッカ·ファーガソン

ルーサー·スティッケヴィング·レイムス

ソロモン·レーン-ショーン·ハリス

アラン·ハンリー-アレック·ボールドウィン

アトリー-サイモン·マクバーニー

ローレン-チャン·チンチュー

ヤニク·ヴィンター-イェンス·フルテン

イギリス首相-トム·ホランダー

アメリカ上院議員委員長-ナイジェル·バーバー

映画「ミッションインポッシブルローグネーション」ネタバレあらすじ

ベラルーシ

今まで数々の不可能と言われるミッションを可能にしてきた
アメリカの秘諜報組織
IMFのエージェント、イーサン·ハントは、
この一年の間
ジンジケートと言われる組織を追っていました。

世界各国で生死不明であったり、行方不明とされている元諜報員たちで構成されている、
かつてないほどの大規模な組織である
ジンジケートは、
謎のベールに包まれその実態が明らかではありませんでした。

しかし、悪党(ローグ·ネーション)たちで構成されていることが確実でした。

 

イーサンは、ジンジケートの一味がVX神経ガスをダマスカスに密輸する計画を知り、その阻止をしようとします。

しかし、その作戦はチームへのプラン伝達がうまく行かず、失敗に終わってしまいます。

ガスを乗せた小型ジェット飛行機で離陸しはじめたため、
イーサンは飛行機に飛び移りドアを開けようとしますが、手間取っている間に離陸してしまいました。

イーサンとともに任務にあたっていたのは、
ウィリアム·ブラントと、ベンジー·ダン、そしてルーサー·ステッィケルの3人です。

 

なんとかハッキングをしていたベンジーとルーサーが、
イーサンの横の扉を開けます。

飛行機の操縦士も扉が開いたことに気がつき、
部下が貨物室へ確認にきましたが、
イーサンが積み込まれていた
VX神経ガスと一緒にパラシュートで降下して生きました

ベラルーシでの任務が終わり、次の指令を受けるため、
ロンドンの支部であるレコード店にきたイーサンは店員からレコード盤を渡されます。

レコードからの指示には、ベラルーシでの任務だった飛行機の搭乗員がダマスカス到着後、
死体で発見されたこと、そしてその裏には
ジンジケートがいることが告げられました。

しかし、その後の「我々がそのジンジケートなのだ」という言葉に耳を疑います。

 

その言葉の後に、レコードから白い煙を吐き出され、
その煙でイーサンは眠らされてしまいました。

ロンドン支部はすでに、ジンジケートの手に落ちていたのです。

その頃、アメリカのIMF本部は最大の危機に直面していました。

これまでのロシア·クレムリンの爆破事件やサンフランシスコへの核ミサイル発射事件などこれまでの捜査に関して、
「不透明である」「はぐれ組織だ」と問題点を政府の特別委員会で指摘されました。

召喚されたブラントは発言することができす、
そのまま
IMFは、CIA長官アラン·ハンリーによって解体されCIAに吸収統合されてしまいました。

拘束されたイーサンは複数の男たちにかこまれ、
拷問を受けそうになりましたが、
その危機を救ったのはシンジケートの一員であるイルサでした。

イーサンは、イルサがジンジケートに潜入中である
イギリスのスパイ(
MI6)であることを見抜きました。

そのままブラントに連絡を取り、
ジンジケートの存在とロンドン支部がダメになっていたことを告げました。

 

しかし、IMFが解体されたことを聞き、
独自で操作することに決めて「イーサンは生死不明だと言ってくれ」とブラントに頼みました。

そのころ、IMFを吸収したCIAのアラン長官は、
イーサンこそが全ての黒幕であり、
全てを操り自分の手柄にしているのではないかと考えます。

そして、イーサンを国際指名手配し、
イーサンと親しかった人物たちを監視下におきました。

 

半年後、

 

アラン長官はキューバにあるイーサンのアジトへ突入しますが、
そこには壁一面に元諜報員のデータが貼られているだけで、イーサンの姿はありませんでした。

そんなある日、ベンジーのもとへ「当選おめでとう」のチケットが届きます。

ベンジーはそのチケットでオペラを観劇するために、
休暇を利用してオーストリアのウィーンへ来ました。

 

ベンジーが地下鉄のホームにいるとき、
突然謎の人物から封筒を押し付けられます。

その封筒の中に入っていたメガネをかけると、
イーサンからの依頼が入っており、
似顔絵の男を探して欲しいと言われました。

ベンジーはオペラの舞台裏に忍び込み、『トゥーランドット』の観客席の顔を確認しました。

 

イーサンもその舞台裏へ潜入しており、
クラリネットの形をした銃を持った男が、
オーストリア首相を狙うのを見つけます。

観察を続けていると、
その男の他にも警備員の姿をした男性と、イルサの姿がありました。

イーサンは、クラリネットの男性と戦い、
わざと彼の武器で首相を襲いました。

 

首相が撃たれたことで、オペラは中止となり建物も封鎖されました。

実は、急所を外すことで首相を助けようとしたイーサンでしたが、
首相の車にも爆弾が仕掛けられており、亡くなってしまいました。

イルサと会場から脱出したイーサンは、
彼女から「ジンジケートを壊したいのなら、私を逃して。あなたなら私を探せるはずよ」といい、
イーサンと別れました。

 

ベンジーと落ち合ったイーサンですが、
このまま残って協力するというベンジーに了承し、
二人はまずイルサを探すことにしました。

ベンジーにイルサの口紅の形をしたUSBをわたし、
中身を解析すると、そこにはモロッコにある「デジタル金庫の図面」が入っていました。

そこでモロッコに移動した二人は、そこでイルサと再会します。

 

イルサは、イーサンの読み通りMI6からのダブルスパイでした。

その任務はジンジケートのボスであるソロモン·レーンという男に接触し、信頼を勝ち取ることです。

レーンは、イーサンを捕らえた時に一度目にした男で、
MI6のメンバーでした。

実は、レーンから「イーサン·ハントを抹殺すること」「デジタル金庫からデータを奪うこと」を仄めかされており、
ジンジケートのミッションとしてイーサンと合流していました。

そのころ、アメリカではブラントがルーサーに協力を仰いでいました。

ルーサーとイーサンは親友ですが、
ブラントとはまだ親しくないため信用することができません。

ブラントは、アラン長官が全ての罪をイーサンになすりつけ、
イーサンとベンジーを殺そうとしていると伝えました。

ルーサーはイーサンたちを救うため、ブラントと組むことを了承しました。

 

ルーサーは、イーサンが描いた「レーン」と「イルサ」の似顔絵から足跡を掴み、
イーサンたちのいるカサブランカに向かいます。

「デジタル金庫」には、
ある諜報員があつめた
ジンジケートに関するファイルが収められていました。

その諜報員は暗号をのこさず死んでしまったため、
その情報を手に入れれば
ジンジケートを暴く決定的な証拠になります。

 

その金庫には「3つのダイヤル式ロック」「本人確認センサー」がついており、
そのセンサーは歩き方までも認証する高性能なものです。

通風口は15cm、壁の厚みは3.7mと侵入や破壊が難しいく、
イーサンたちは、水中のハッチから認証データをすり替える計画を立てます。

データを取りに行くのはベンジー、水中のデータ交換はイーサンとイルサに決まりました。

 

水中では水流が強くボンベが使えないため、
3分間は息を止められなければいけません。

作業を分担して、作戦を開始しましたが、
イーサンはハッチを開けるのに手間取り、
水中で意識を失ってしまいます。

イルサが救出してAEDで蘇生を行いました。

 

そこにデータの入手に成功したベンジーが来ますが、
イルサは
AEDでベンジーを気絶させ、データを盗み逃亡してしまいます。

イーサンとベンジー、さらにルーサーとブラントも合流してイルサを追いかけますが、逃げられてしまいます。

しかし、データはベンジーがコピーをしていたため、イーサンたちも確認することができました。

 

イギリスに戻ったイルサは、MI6のアトリー長官に接触し、
ジンジケートに戻りました。

しかしデータは、アトリー長官とあった時にスマホ遠隔アプリで消去されてしまします。

実はジンジケートの発案者はアトリー長官だったのです。

 

戻ったイルサに、レーンはイーサン抹殺を命じます。

そのころイーサンたちは、入手したファイルを開くため、
3段階の認証が必要なことを知りました。

イギリス首相の指紋、網膜、生の朗読音声が必要だと知り、
ジンジケートは次に首相を襲うだろうと考えていました。

 

そこにイルサが現れ、彼女に会うため4人は駅に向かいます。

しかし、ジンジケートに裏をかかれ、ベンジーが拉致されてしましました。

レーンは、イーサンたちにファイルのロックを解除したデータとベンジーを交換だと言います。

自分たちの代わりに、イギリス首相の拉致をさせようという企みにイーサンは気がつきましたが、わざと乗ることにしました。

チャリティーオークション会場にアトリー長官のマスクをかぶって潜入したイーサンは、
イギリス首相に会い、自白剤を打ち込みロックを解除しました。

ついでに、アトリー長官にも自白剤を飲ませ、
ジンジケートはもともと長官が考えた架空の計画であり、
それをレーンが横取りしたものだということを自白させます。

そして、これらの情報をCIAのアラン長官の目につくように行い、全ての手柄を彼に渡しました。

 

データの中身は、24億ポンドも入っているADJS銀行の口座番号一覧でした。

しかし、データを渡してもベンジーの生還の可能性は薄いと踏んだイーサンは、賭けに出ることにしました。

人通りの多いカフェで待ち合わせたイーサンは、
1kgの爆弾とボール·ペアリングを巻かれたベンジーとイルサに会いました。

ベンジーの目には網膜カメラをつけられ、
イヤホンとベンジーを通してレーンが話します。

 

イーサンは、口座の番号を全て暗記し、
USBをドリルで破壊していました。

そのため、イーサンの脳がメモリ代わりのため、
レーンは迂闊に手を出すことができなくなり、
ベンジーの爆弾解除番号を教えてもらい解除します。

そして次に、イーサンはイルサの解放を要求しました。

 

イルサも解放されますが、
レーンはイーサンを生かしてイルサは殺せとヤニクを向かわせます。

イルサとイーサンは、
メモリとして殺すことのできないイーサンを盾に戦うことにしました。

しびれを切らしたレーンが、イーサンを捕らえるため後を追いますが、
地下室まで追いかけたところで、自分が防弾ガラス張りの個室に閉じ込められたことに気がつきます。

イーサンは、部屋の中に催眠ガスを流し、
最初に自分がやられた同じ手口でレーンを捕らえました。

 

そのガラスケースごと警察に引き渡され、
その手柄は「すべてアラン長官の指示のもと
IMFが動いていた」ということにしました。

アラン長官は「ジンジケートを騙すため、イーサンを反逆者にしてIMFを解体していた」といい、
やはり
IMFは必要であるとアメリカ上院議員で訴えました。

自由になったイルサは、イーサンに感謝し感謝のハグをして、
「どこに行くかはわからない。私を探せるわね」と言って立ち去って行きました。

※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスについて発信中!

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

好きな映画をビジネスにすることを学んで見てください。

チャンネル登録お願いします。

  1. おすすめ映画まとめ

    子供の頃から映画好きな僕が厳選する本当に面白い最高傑作アクション映画31選
  2. 96時間

    リーアム・ニーソン主演「96時間」ネタバレあらすじ!最強お父さん!始動
  3. スパイダーマン

    「スパイダーマン2」ネタバレあらすじと結末!敵はタコみたいなおっさん
  4. ロード・オブ・ザ・リング

    「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」ネタバレあらすじと結末
  5. ロード・オブ・ザ・リング

    「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」ネタバレあらすじ!壮大な指輪物語の結末は!…
PAGE TOP