ワイルドスピード

「ワイルドスピードスカイミッション」ネタバレあらすじ!エンディングに裏話があるポール・ウォーカーの遺作

どうも、光成です。

 

今回はワイルドスピードの主人公であるブライアン・オコナーを演じていた、ポール・ウォーカーの遺作になる「ワイルドスピードスカイミッション」のネタバレあらすじを話していきます。

普通に映画を見た後に、裏話を知ってから再度映画を見ることで、少し違った見方が出来るようになります。

正直、それを知ってしまうことで、泣ける映画に変わるでしょう。

 

何が起きたのかというと、ポール・ウォーカーの急死により、エンディングが変更になったのです。

さらに、ポール・ウォーカーがいない為、彼の兄弟が出演し、ポール・ウォーカーの顔をCGで演出。

そして、最後はポール・ウォーカーがドミニクと視聴者に向かって笑顔で車を走らせるという、元々の脚本とは違ったエンディングなのです。

そんな裏話がある映画で、これを知ってしまって涙を流しました。

 

今回はそんな映画である「ワイルドスピードスカイミッション」ネタバレあらすじです。

 

それと、個人的には本作から大好きなジェイソン・ステイサムが出演しているので嬉しいです。笑

映画「ワイルドスピードスカイミッション」キャスト

  • ドミニク・トレット役/ヴィン・ディーゼル
  • ブライアン・オコナー役/ポール・ウォーカー/コディ・ウォーカー/カレブ・ウォーカー
  • ルーク・ホブス役/ドウェイン・ジョンソン
  • レティ・オルティス役/ミシェル・ロドリゲス
  • ミア・トレット役/ジョーダナ・ブリュースター
  • ローマン・ピアース役/タイリース・ギブソン
  • テズ・パーカー役/クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
  • エレナ・ネベス役/エルサ・パタキー
  • デッカード・ショウ役ジェイソン・ステイサム
  • ミスター・ノーバディ役/カート・ラッセル
  • ラムジー役/ナタリー・エマニュエル
  • モーゼ・ジャカンディ役/ジャイモン・フンスー
  • キエット役/トニー・ジャー
  • カーラ役/ロンダ・ラウジー
  • サファー役/アリ・ファザール
  • シェパード役/ジョン・ブラザートン
  • マンド役/ロメオ・サントス
  • ヘクター役/ノエル・グーリーエミー
  • サマンサ・ホブス役/エデン・エストレヤ
  • スターター役/レヴィ・トラン
  • セレブDJ役/T-ペイン
  • ジャスミン役/ブリティニー・アルガー
  • ジャカンディの部下役/ジョン・セナティエンポ
  • ショーン・ボズウェル役/ルーカス・ブラック
  • トゥインキー役/シャド・モス(バウ・ワウ)
  • ニーラ役/ナタリー・ケリー
  • ハン・ソウルオー役/サン・カン
  • オーウェン・ショウ役/ルーク・エヴァンズ
  • ジゼル・ヤシャール役/ガル・ガドット

映画「ワイルドスピードスカイミッション」ネタバレあらすじ

前作でハンを殺した謎の男。

その名は「デッカード・ショウ」。

彼は前作で対決したオーウェン・ショウの兄だったのです。

 

彼はオーウェンの元を訪ねドミニクらに復讐を誓っていたのでした。

ドミニクとレティは自分達で開いたレースに久々に参加していました。

レティは勝ち大勢の人達に囲まれ一人の男に祝福されると、
何故かその男を殴って立ち去ってしまいます。

レティは記憶のない自分に戸惑っていました。

ドミニクと元の関係に戻りたいのに戻れない自分に苛立ちを感じていたのです。

 

その頃ブライアンは妻のミアと息子のジャックの三人で平和な日々を過ごしていました。

しかし落ち着いていく自分の日常にブライアンは不満を感じていました。

ミアはもう一人の子を身籠っていましたが、
そんなブライアンの様子を見てその事を伝える事ができずにいました。

 

同じ頃、ホブスは復職したエレナと共に外交保安部にいました。

どうやらエレナは仕事を辞めようとしているらしく、
ホブスは推薦状を渡します。

エレナを見送った後、
自分のデスクに戻るとそこには見知らぬ男が座っていました。

 

それはデッカードでした。

デッカードはホブスのPCからデータを入手し、
戦闘になりますが途中エレナが現れ加勢されます。

不利と感じたデッカードは小型爆弾を投げ逃走しました。

爆弾からエレナをかばう為爆風でビルから落下し、
ホブスは重傷を負ってしまいます。

 

ある日、ドミニクの家にブライアン達が訪ねて来ました。

雑談しているとドミニク宛てに東京から郵便物が届きます。

すると突如ドミニクの携帯に着信が入り出ると、

「トレット、今はまだオレを知らなくても・・・いずれ知る。」

と言い残し通話を切られました。

 

その瞬間、届いた郵便物が爆発しドミニクの家は吹き飛んでしまいました。

ドミニクらは爆発に巻き込まれる前になんとか脱出しましたが、
ブライアンの子供のジャックが危険に晒されそうになったのを見て、
事の恐ろしさを知ります。

その後、ドミニクにホブスから呼び出され病院に向かいます。

 

病室に着くとそこには、ホブスと彼の娘がいました。

ホブスはドミニクを襲った男はデッカード・ショウという男であり、
オーウェン・ショウの兄だという事を教えられます。

デッカードはイギリスの秘密部隊出身で、
国の秘密を知りすぎた為、20人の工作員に消されそうになっても生き延びている危険な男だそうです。

デッカードは弟をやられた復讐のためドミニクを狙っているようです。

ブライアンも協力する事になりデッカードと戦う事になりました。

 

ドミニクはハンが東京で死んだ事を知らされます。

東京に行きハンの弟子だったドリフトキングの、
「ショーン・ボズウェル」と会いレース勝負をします。

レースが終わった後、ドミニクはショーンからハンの遺品を受け取りました。

 

その中には亡くなったハンの恋人ジゼルの写真と、
ドミニクがレティに渡したネックレスがありました。

その後、ハンの葬儀がアメリカで行われていると不審な黒い車を見かけドミニクは追います。

車の主はデッカードで、
チキンレースで勝負する展開になりお互いに引かず正面衝突してしまいました。

 

強化されたデッカードの車に対し、
ドミニクの車はグシグシャになり怪我を負います。

デッカードがすかさず車から降り、
ドミニクを撃とうとしていると上から特殊部隊が現れ彼を攻撃します。

デッカードは逃げドミニクが呆然としていると、
そこに一人の男が現れ、ドミニクに協力してほしい事があると言うのです。

 

何者か尋ねると男は「名乗るほどの者でもない。(ミスターノーバディ)」と言います。

どうやら彼は、ホブスの紹介でドミニクの所へやってきたらしいのです。

ミスターノーバディに連れられ行くと、
そこは秘密組織の基地でした。

 

彼らは現在「ゴッド・アイ」という物を欲しがっていました。

「ゴッド・アイ」とは普通にやると20年かかるのを、
たったの2時間でやり遂げる事ができる超高性能追跡監視プログラムらしいのです。

「ゴッド・アイ」を動かすには開発者でありハッカーのラムジーが必要不可欠。

そのラムジーは現在、ジャカンディという男が率いる民間軍事組織に捕らわれているそう。

ミスターノーバディは自分達の要望に応えてくれたら、
「ゴッド・アイ」の使用を許可し、デッカードの居場所を調べてもいいとの事でした。

 

いつものメンバーのローマン、テズ、ブライアン、レティも集まり、
ラムジー救出作戦が始まりました。

彼女は現在山岳地帯の道を走っている装甲車両の中にいます。

下手に近づくと気づかれてしまうのでローマンとテズの奇策により、
飛行機から改造した車で落下し追う事になりました。

 

ドミニク、ブライアン、レティ、テズの順番で降りますが、
ローマンだけ萎縮してしまい降りられませんでした。

しかしテズの仕掛けにより強制的に降ろされてしまいます。

結局ローマンだけ出遅れ4人で決行する事になってしまいました。

 

ブライアンが装甲車両から上手くラムジーを救出し、
ドミニクの車に乗せようとしますが、
そこで横から車が現れ妨害してきます。

デッカードでした。

 

ドミニクは上手くラムジーを車内に引き入れ、
デッカードとカーチェイスを繰り広げます。

後から来たローマンのおかげもあってデッカードを破り、
進んでいると突如沢山の車に囲まれ包囲されてしまいました。

それらはジャカンディ率いる民間軍事組織の人間達でした。

 

後ろは崖、目の前はジャカンディ達、
絶体絶命かと思われたその時、
ドミニクは車を反転し崖の方を向きます。

なんとドミニクはそのままラムジーを乗せて崖の方へ突っ込み落ちていったのです。

ジャカンディ達は勿論追う事叶わず、
遠くから狙撃しようとしていたデッカードは、
思い切りのある行動に感心していました。

 

その後ドミニクとラムジーはなんとか軽傷で済み、
後から来たブライアン達に乗せてもらい逃げる事に成功したのでした。

ラムジーの話によれば「ゴッド・アイ」は、
アラブ首長国連邦のアブラビにいる友人に預けてあるとの事で、
ドミニク達はアブラビへ行く事になりました。

アブラビに着くとラムジーの友人を訪ね、
「ゴッド・アイ」の場所を聞きます。

 

しかし「ゴッド・アイ」はヨルダンの王子に売ってしまったらしく、
ラムジーはそれを聞いて呆れてしまいます。

しかも「ゴッド・アイ」は王子が所有しているスーパーカーの
「Wモーターズ・ライカン・ハイパースポーツ」に
搭載されているらしいのです。

夏至に開かれる王子主催のパーティに乗り込み、
仲間の協力も得てスーパーカーの場所に乗り込む事に成功します。

 

しかし、レティが王子の女幹部に見つかってしまい
ドミニク達は閉め出されそうになってしまいます。

シャッターが降りる間一髪のところでドミニク達は、
スーパーカーに乗り脱出しました。

レティも女幹部を倒し全員で脱出しようかと考えているところ、
黒いスーツを来た一人の男が現れます。

またもやデッカードでした。

 

今邪魔される訳には行かないと思いドミニクは車でデッカードを突き飛ばし、
助走をつけ隣のビルに乗り移ります。

しかし背後からデッカードに撃たれ損傷してしまいブレーキが効かなくなってしまいました。

やむを得ず更に隣りのビルに乗り移りますが、
このビルを過ぎたら次に待ってるのは地面です。

 

その間に同席していたブライアンはうまく「ゴッド・アイ」を取り出し、
二人は間一髪で車を捨て脱出しました。

「ゴッド・アイ」をミスター・ノーバディに渡すと彼はその場で、
ドミニクにデッカード探しを許可します。

ドミニクはブライアンやミスター・ノーバディ達とデッカードを包囲しますが、
彼は意外にもそこで夕食を堂々と食べていました。

 

すると急に電気が消え周りから大勢の兵士に囲まれてしまいます。

その中にはジャカンディの姿がありました。

なんと彼らは共通の目的の為、手を結んでいたのです。

 

なんとか抵抗しますが、
多勢に無勢でミスター・ノーバディが撃たれてしまいました。

ドミニクは負傷した彼を担ぎブライアンと逃げますが、
「ゴッド・アイ」は置き去りになってしまい、
ジャカンディの手に渡ってしまいました。

 

道中ミスターノーバディが、防弾チョッキを着ており医療班を呼んでいた為、
彼の要望どおり置いていく事になります。

ローマンは勝ち目がないと言います。

相手は強力な部隊で自分達は銃も持ってないと。

 

しかしドミニクは諦めず「ストリートがオレ達を守ってくれる。」と言い、
最終決戦の覚悟を決めます。

テズの案で「ゴッド・アイ」にハッキングし彼らの動きを無効化する作戦を決行する事になりました。

しかしそれにはある程度「ゴッド・アイ」と距離を保ちながらじゃないとできず、
途中でラムジーを別の車に乗せ代えながらの非常に危険な作戦となります。

 

ジャカンディはヘリで「ゴッド・アイ」で間合いを詰めながら「プレデター」という
無人自動追跡戦闘機を使い彼らを追い詰めてきました。

ブライアンからテズ&ローマン。
テズらからレティへと車を破壊されながらも、
ラムジーは移動しながらハッキングを続けます。

 

しかし、信号塔を破壊されハッキングは一旦中止されてしまいました。

そこでテレビ中継を見ていたホブスが動き出し、
自ら車ごと無人機に突っ込み破壊してしまいます。

レティはホブスを心配しますが、
彼は鍛え抜かれた強靭な体のおかげで無傷。

 

しかも無人機に搭載されていたガトリング銃を持ち、
ヘリの方へ向かって行ったのです。

この間にブライアンがジャカンディの部下を倒しつつ信号塔を復活させました。

このおかげで「ゴッド・アイ」は無効化されジャカンディは無力になります。

 

その頃ドミニクはデッカードと決着をつけるため彼と戦ってしました。

彼らはほぼ互角の戦闘を繰り広げていました。

なかなかに決着がつかずジリ貧になっているとそこにジャカンディが現れ二人を攻撃します。

その衝撃で地面が割れデッカードは下に落ちてしまいました。

 

残ったドミニクをジャカンディが攻撃しようとすると、
後から来たホブスがガトリング銃でヘリをひたすら撃ちます。

大打撃を負ったジャカンディはヤケになり、
レティらを狙い撃ちしてきました。

それを助ける為、ドミニクはバッグを持ち車でヘリに突っ込みますが、
かするだけでそのまま落ちてしまいました。

よく見るとヘリの下に先程のバッグがかかっており、
その中には爆薬が見えました。

 

それを見たホブスはハンドガンで狙い撃ちし、
ジャカンディごとヘリを爆破させ墜落させたのでした。

ドミニクはなかなか意識を取り戻しませんでしたが、
ブライアンの応急処置とレティの必死の呼びかけにより目覚めたのでした。

その後、デッカードはホブスにより堅牢な刑務所に入れられますが、
彼は「簡単に逃げ出せる。」と捨てゼリフを吐きます。

 

それに対しホブスは笑いながら、

「コンクリートに穴を掘れ。」

「出口で待ってて殴り殺してやる。」

と言い牢の扉を閉めるのでした。

 

ドミニク達は浜辺で家族と戯れるブライアンを見て黄昏ていました。

そしてこれからブライアンという友は、
自分達とは違う道を歩み、
自分達の世界には入ってこない事を悟ります。

それが家族というものだと。

 

ドミニクは別れを告げず車で去り十字路で止まっていると、
隣にブライアンが止まり「さよならも言わずに行くのか?」と言います。

二人は並んで走り、ドミニクは昔を振り返りながら思います。

 

「スピードを愛して生きてきた。」

「だから俺達は兄弟だ。お前も同じだった。」

「どこにいようと」

「400メートル先か」

「地球の裏側でも」

「いつも一緒だ。」

「永遠の兄弟だ。」

きっとこの二人の画を見るのはこれが最後になる。

そう思わせる風景を遺し、
二人は別々の道を進むのでした。

※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスについて発信中!

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

好きな映画をビジネスにすることを学んで見てください。

チャンネル登録お願いします。

  1. ミッション・インポッシブル

    「ミッション・インポッシブル」ネタばれあらすじ!超人スパイ・アクション映画代表作…
  2. バイオハザード

    映画「バイオハザード3」ネタバレあらすじ結末!胸熱なキャラの出現!
  3. バイオハザード

    映画「バイオハザード2アポカリプス」ネタバレあらすじ!ジル・バレンタインついに登…
  4. バイオハザード

    映画「バイオハザード」ネタバレあらすじ結末!ゲームプレイ済みにはたまらなく面白い…
  5. ワイルドスピード

    「ワイルドスピードアイスブレイク」ネタバレあらすじ!潜水艦を車でぶっ壊す
PAGE TOP