ロード・オブ・ザ・リング

映画「ロード・オブ・ザ・リング」ネタバレあらすじ!壮大な指輪物語

どうも、光成です。

 

今回は僕の大好きな映画の1つである「ロード・オブ・ザ・リング」のネタバレあらすじを書いていきます。

壮大な指輪物語の三部作の第一作目です。

これはぜひ見たほうがいい映画ですね!

 

映画「ロード・オブ・ザ・リング」キャスト

  • フロド・バギンズ:イライジャ・ウッド
  • ガンダルフ   :イアン・マッケラン
  • サム      :ショーン・アスティン
  • アラゴルン   :ビゴ・モーテンセン
  • ギムリ     :ジョン・リス=デイビス
  • レゴラス    :オーランド・ブルーム
  • ボロミア    :ショーン・ビーン
  • アルウェン   :リブ・タイラー
  • ガラドリエル  :ケイト・ブランシェット
  • エルロンド   :ヒューゴ・ウィービング
  • サルマン    :クリストファー・リー
  • ゴラム     :アンディ・サーキス

映画「ロード・オブ・ザ・リング」ネタバレあらすじ

すべては指輪から始まる。

ミドルアース、すなわち中つ国と呼ばれる国々では、
それぞれの種族が各々の地域を治めていた。

統治の力を与えるための指輪がぞれぞれの種族に作られた。

3つの指輪が不老不死と呼ばれるエルフに、
7つが鉱山を支配するドワーフに、9つが人間に渡った。

 

それと同時に滅びの山では冥界の王サウロンによって、
それらの力を上回るとされる邪悪で残忍さを持った指輪が作られた。

全世界を支配しようとする欲にまみれたその指輪にミドルアースは屈していく。

そうした中でもエルフと人間の連合国軍は、
サウロンの闇の軍に立ち向かうが、
指輪の魔力を目の前にすると打ち勝つことができず、次々と倒れていった。

勇敢にも人間の王はサウロンの魔力を恐れずに立ち向かったが、
その努力も虚しく倒されてしまう。

 

王子イシルドゥアは倒れた父に寄り添うが、
その瞬間に背後からサウロンに殺されそうになる。

しかし、気配を感じ取ったイシルドゥアは、
咄嗟に父の剣を抜いてサウロンの指を指輪ごと斬ってしまうのである。

そうして、指輪を失った冥界の王サウロンとその軍は滅び、剣は伝説となった。

 

そうして、イシルドゥアはエルフの忠告を欺いて、
指輪を持ち帰ろうとするが、旅の途中で命を奪われてしまう。

それから、その行方は誰にも知られることなく、2500年の時が流れた。

そして、最初に指輪を見つけたのはゴラムというクリーチャーだ。

 

彼は元々水を親しむストゥア族の一人だったが、
指輪の虜となった末、欲と残忍さに支配され、大変醜い存在となってしまった。

ある時、指輪は時が訪れたのを確認したかのようにゴラムを見捨てた。

そして、それを新たに手にしたのはホビット族のビルボ・バギンズであった。

 

さらに60年の年月が流れ、彼は111歳になろうとしている。

そのバースデーパーティーがシャイア村で予定され、
古い友人である魔法使いガンダルフもそこを訪れる。

ホビットの若者、フロド・バギンズも、久しぶりの再会に心を躍らせた。

 

夜になるとバースデーパーティーが始まり、
その最後にはビルボのスピーチが行われた。

注目される中、彼は新たな旅の出発を人知れず行うために、
姿を消して自宅へ戻る。

しかし、ガンダルフにはこの出発がお見通しだった。

 

ビルボは指輪を手放していくようにと促されるが、
指輪の虜になった彼は、まるで別人のような形相で執着心をむき出しにしては、
ふと我に返り後悔の念を口にする。

そんなやりとりが続く中、やっとのことで自宅の床に指輪を落とし、ビルボは村を後にした。

 

床に落とされた指輪にガンダルフが近づくと、
冥王サウロンの炎のような邪悪な目が脳裏によぎる。

このことから、サウロンの復活の時が近いことを知るのである。

 

実際に熱した指輪から浮き上がる文字を確認することで、
それを確信するのであった。

やはりこの指輪は滅びの山にて、
葬る必要があると感じたガンダルフは、
エルフの地へどうにかして届ける必要に迫られた。

魔力は魔法使いにとって危険であるために、
ホビットの力を借りずにはいられない。

指輪の動きを感じ取った追っ手が迫る中、
ぐずぐずしてはいられないと、ビルボの家にやってきたフロドとともに、
旅の出発の決心をする。

ひょんなことから、
ホビット族のサム、ピピン、メリーも旅を共にすることとなる。

ガンダルフとは、ブリー村の「躍る馬小屋」という酒場で落ち合う約束をして、その場を後にした。

 

旅の途中では何者かわからない追っ手に捉えられそうになるも、
旅の仲間とともに危機を乗り越えながら、
ようやく躍る馬小屋にたどり着くが、まだガンダルフは到着していない。

しばらく待つことにしたものの、
フロドはその酒場の隅にいたさすらい人に目を向けられ、
ただならぬ予感を感じて逃げようとするが、誤って転倒し指輪が指を通ってしまった。

 

その瞬間フロドがその場から姿を消すと同時にフロドもまた、
別世界にいたのである。

灰色で暗い世界。見渡すと炎のように気味の悪い目に見つめられていた。

その目から逃れられないそんな思いとは反対に、
指輪を必死の思いで抜く。

そうするとさすらい人が目の前に現れ、
酒場の
2階へ連れていかれた。

 

彼はアラゴルンという戦士で、
かつて人間の王子であったイシルドゥアの末裔だった。

つまり王族なのだ。

エルフに届けなければならない指輪を見て、
彼はホビットたちの旅の手伝いをすることとなる。そして、足早にその地を去った。

 

旅の休憩中、再び先から追い続けてくる追っ手「ナズクル」に見つかり、
フロドは絶体絶命のピンチに陥る。

指輪をはめて姿を消すことで逃げようとするも、
冥界の者であるナズクルは灰色の世界でも存在を確認できるため、
フロドを剣によって貫き、指輪を奪おうとするが、
そこでアラゴルンが現れ彼らを退散させる。

しかし、死の傷がフロドを苦しめることになる。

 

エルフの地までは大変遠く、毒消しの薬で救出を図るがなかなか見つからない。

そうしているうちにもフロドの病状は悪化していく一方である。

もう手遅れかと思ったそのとき、
エルフの王女アルウェンが現れた。

彼女には自然や動物を操る力があり、
ナズクルに追われる中で白馬を全力で走らせ、
間一髪のところで敵を波に沈める。

そうして、彼女の父親に「エルロンド」によってフロドの傷は癒され、その命は救われることとなった。

 

フロドが目覚めると、そこはエルフの地だった。

どこからかガンダルフの声が聞こえる。

隣を見ると彼がパイプを吹かして座っていた。

踊る馬小屋にいなかった理由を聞くけれど、
その答えは引き出せない。

しかし、ガンダルフにはそこに行けなかった理由があったのだ。

 

指輪を葬るために助けを求めて訪れた古い友人のサルマンは、
すでに冥王サウロンの支配下にあった。

世界の支配を目論み、ガンダルフに協力を求めるが、
拒絶されたために彼を塔の一番上に閉じ込めたのだ。

そのために、ガンダルフは酒場へ行くことができなかったのである。

しかし、ガンダルフは静かに魔法を使うことでその難を逃れるのであった。

 

エルフの地では、人間やドワーフ、エルフ、魔法使いを含めて、
指輪の今後の行方について会議を行った。

意見は割れる一方で、なかなか収束しそうにない。

そこで、ホビットのフロドは勇敢にも、
この指輪を葬ることができるモルドールの滅びの山への侵入を買って出る。

最後には、フロドを含めた3人のホビットたちに5人の協力者を従え、苦難の旅に出ることになる。

 

モルドールへの旅は難航を極めた。

サルマン率いる敵軍やスパイに足を引っ張られながら、
雪山に鉱山の坑道、魔女の地などを訪れることとなる。

ドワーフが作ったとされる鉱山の坑道は、
通り抜けるのに約
3日程かかる。

地下には恐ろしい魔物が潜むとされ、
音を立てずに進む必要があった。

 

ガンダルフの記憶を頼りに先を急ぐ一行が見たのは、
オークによって殺されてしまったドワーフたちの亡骸だった。

一緒に旅をしていた仲間のドワーフ「ギムリ」は、悲しみに打ちひしがれる。

そうした中で、空気を乱すホビットのピピンが誤ってたてた音によって、
目覚めたオークたちの大群が押し寄せてきた。

激しい交戦が繰り広げられ、
トロールなどの巨大なクリーチャーを相手に、
次々と敵を倒してゆくが、数が多すぎて取り囲まれてしまった。

 

しかし、なぜかどこかへ逃げていく。

 

その理由はどこからともなくやってきた火の悪魔「バルログ」だ。

光の魔法を使うガンダルフは、
坑道の出口が目の前に迫る中、バルログに対抗する。

光の力で悪魔の不意を突き、
奈落の底に突き落とすが、悪魔の持っていた炎の鞭によって足をとられ、
彼もまた落ちてしまうのであった。

あと少しのところで失ったガンダルフに仲間たちは失意の念にかられ、坑道の出口を出た。

 

そして、その気持ちをひきずったまま、魔女の森と呼ばれる地を訪れた。

疲れ切った旅の一行はその疲れを癒すとともに、
不思議な力を宿す魔女と呼ばれるエルフ「ガラドリエル」に出会う。

フロドは彼女から、仲間割れがすでに発生していること、
仲間の中には指輪を狙っている者がいることを告げられた。

 

旅を続けると、かつて人間が納めていた美しい地へ出たが、
いよいよ告げられた事柄が現実に起こりはじめ、
フロドは一緒に旅をしてきた人間のボロミアにより指輪を奪われそうになる。

彼は自国を救いたい一心で、そのような行為に走ってしまったのだ。

旅のリーダーとなったアラゴルンもその状況に気づき、
フロドにモンドールの山へは一人で行くようにと命じる。

 

そして、フロドもまたそれが一番良いことだと悟り、
一人で再出発することを決意する。

そんな中、ホビットのサムが、
フロドの命を守ると約束したガンダルフの言葉を胸に、
旅に同行することとなる。

 

一方でサルマンが送り出したエルフとオークのハーフ、
ウルクハイが仲間を襲う中、
指輪に心を奪われたボロミアは償いの意味を込めて、
ピピンとメリーを助けようと果敢に対抗するが、
ウルクハイの頭によって矢を突かれ、最後まで戦い抜くも命を落とす。

アラゴルンは彼の国に対する思いをくみ取り、
人間の地を平和にすると約束する。

そうして、ウルクハイの軍ににさらわれたピピンとメリーを助けに、
アラゴルン率いるエルフとドワーフの仲間は、
フロドたちとは別のルートからモンドールの地へと向かうのであった。

 

そして、続きは2作目に続く。

※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスについて発信中!

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

好きな映画をビジネスにすることを学んで見てください。

チャンネル登録お願いします。

  1. バイオハザード

    映画「バイオハザードⅣアフターライフ」ネタバレあらすじ結末!初代主人公クリスの登…
  2. スターウォーズ

    「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ネタバレあらすじと結末!
  3. おすすめ映画まとめ

    ジェイソン・ステイサム主演の最強におすすめする映画5選
  4. 単発映画

    「トレインミッション」あらすじネタバレ!リーアム・ニーソン主演映画はやっぱり面白…
  5. スターウォーズ

    「スターウォーズ5/帝国の逆襲」ネタバレあらすじ!父はダースベイダーだった!
PAGE TOP