スターウォーズ

「スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還」ネタバレあらすじ!アナキン・スカイウォーカーが帰ってきた!

映画「スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還」キャスト

・ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)

ハン・ソロを助け出した後、ジェダイの騎士となるために父親と戦う

・ハン・ソロ(ハリソン・フォード)

ジャバ・ザ・ハッドの手に渡ってしまい、氷漬けのまま飾れらてしまう

・レイア(キャリー・フィッシャー)

ハン・ソロを助け出そうとするが、ジャバ・ザ・ハッドに捕まってしまう

・ダース・ベイダー

息子ルークを皇帝に引き渡しダークサイドに招き入れようとする

映画「スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還」ネタバレあらすじ

ルーク・スカイウォーカーはジャバ・ザ・ハッドに捕まってしまった
ハン・ソロを助け出すためにレイアとともに惑星タトゥイーンに向かっていました。

その頃銀河帝国ではデス・スターの再建が進められています。

前よりもさらにパワーアップしたデス・スターが完成してしまえば、
反乱軍は全滅してしまう事になるのです。

 

惑星タトゥイーンに向かったルークとレイア。

レイアはチューバッカを使い、ジャバ・ザ・ハッドのもとに忍びこみます。

そして凍っていたハン・ソロを溶かす事に成功しましたが、
隠れていたジャバ・ザ・ハッドに捕まってしまいました。

 

ジャバ・ザ・ハッドがパーティを楽しんでいると、ルークが乗り込んできました。

「仲間を返してもらいたい」と言うルークでしたが、
彼もまた捕まってしまいます。

ルーク、ハン・ソロ、チューバッカを捕まえたジャバ・ザ・ハッドは、彼らを砂漠で処刑しようとします。

ルークが処刑されそうになった時、
R2-D2はルークにライトセイバーを投げます。

ライトセイバーを受け取ったルークは、次々と敵を倒していきます。

 

忍び込んでいたランドもハン・ソロ達を助け、無事にルーク達はジャバ・ザ・ハッドのもとから脱出することが出来たのでした。

レイア姫達は反乱軍と合流しますが、
ルークは
1人ダゴバに向かいます。

そこでジェダイ騎士になるための最後の修行を続けようとしました。

しかしヨーダはすっかり年老いていて、
自分の死期を感じ取っていました。

 

「まだ修行が終わっていません。」と言うルークに、
ヨーダは「ダース・ベイダーと対決した時、初めてジェダイの騎士となれる」と返します。

「暗黒面に足を踏み入れるな」とルークに忠告するヨーダ。

ルークは「ダース・ベイダーは本当に僕の父親ですか?」とヨーダに聞きます。

 

ヨーダは「お前の父親だ」と答えました。

ヨーダの答えにショックを受け、「戦えない」と言うルーク。

するとヨーダはルークに双子の妹がいることを話します。

 

ルークはこの時初めて、レイアが自分の双子の妹だと気がついたのでした。

ルークに全てを話したヨーダは、
そのまま息を引き取り霊魂となりました。

反乱軍ではデス・スターを攻撃する作戦会議が行われていました。

ランドが攻撃隊長となり、デス・スターの反応炉を爆破する事になります。

 

しかしそのためにはシールド発生機を爆破し、
シールドを破壊する必要があります。

シールド発生機のある場所に潜入するのは、ハン・ソロでした。

するとレイアは「私も連れて行って」とハン・ソロにお願いします。

さらにそこにルークがやってきます。

 

彼もハン・ソロ達ともに、帝国軍の元に潜入する事にしたのでした。

その頃帝国軍のデス・スターに皇帝が自らやってきます。

皇帝はダース・ベイダーに「息子を私の元へ連れてこい」と言います。

ダース・ベイダーがルークの元に向かおうとすると、
皇帝は「向こうからやってくる」と言いダース・ベイダーにルークを待つように言ったのでした。

 

帝国軍の基地に潜り込む事に成功したルーク達でしたが、森でイウォーク族に遭遇します。

一度は彼らに捕まったルーク達でしたが、
彼らはデス・スターを破壊する事に協力してくれることになりました。

その夜、ルークはレイアに自分達は双子の兄妹で、
ダース・ベイダーが父親だと言うことを伝えます。

 

レイアはダース・ベイダーと戦わずに逃げてと言いますが、
ルークは父親の心に善を感じたので、
彼をダークサイドから救い出すと言い
1人でダース・ベイダーの元に向かいました。

イウォーク族にシールド発生機のある基地の秘密の入口を教えてもらったハン・ソロ達は、
基地の中に侵入しますが、待ち構えていた帝国軍に捕まってしまいます。

それは全て皇帝が仕掛けた罠だったのです。

 

デス・スターの近くの攻撃座標ではランドたちが、
シールドが解除されるのを待っています。

しかしそこにも帝国軍の攻撃部隊が待ち構えていたのでした。

1人ダース・ベイダーの元に向かったルーク。

「あなたの心に善が残っている。私を皇帝に引き渡さないはずだ」と言いますが、
ダース・ベイダーはルークを皇帝の元に連れて行きました。

 

皇帝はルークに目の前で反乱軍がやられていくのを見せようとします。

そしてルークに怒りを感じさせ彼をダークサイトに導こうとしていました。

一度はライトセーバーを手に取り、
ダース・ベイダーと戦おうとしたルークでしたが「私は戦わない」と父親に向かって言います。

その時ルークの心の乱れを感じ取ったダース・ベイダー。

彼はルークに妹がいることを知ったのでした。

 

「お前がダークサイドにこないのならば、妹を引きずりこむだけだ」と口にしたダース・ベイダー。

 

ルークはその言葉を聞くと怒りを感じ、
ダース・ベイダーに襲いかかります。

そしてダース・ベイダーの片腕を切り落としたのでした。

それを見ていた皇帝は「そのまま父親を殺してしまえ。そうすればダークサイドに入れる」とルークに言います。

 

落ち着きを取り戻したルークは、
ライトセーバーを引っ込め「ダークサイドには行かない」と答えました。

帝国軍に捕まってしまったハン・ソロ達でしたが、
イウォーク族の協力で無事にシールド発生機を破壊します。

シールドが消えたことを知ったランド達は、
反応炉を爆発させる事に成功しデス・スターは破壊されたのでした。

 

「ダークサイドには行かない」と行ったルークを、皇帝は殺そうとします。

圧倒的な力でルークを追い込みルークは死にそうになりますが、
ダース・ベイダーが最後の力を振り絞って皇帝を外に放り投げました。

父親の元に向かうルーク。

ルークは父親を助けようとします。

 

しかし自分が助からないことを知ったダース・ベイダーは、
マスクを取り自分の目で初めて息子の顔を見たのでした。

森ではデス・スターの破壊に成功したことをみんなが喜んでいます。

ルークはダース・ベイダーの遺体を火葬しました。

 

森に戻ったルーク。

そこではヨーダ、オビ=ワン・ケノービ、
そして若き日の父親アナキン・スカイウォーカーの霊魂が彼らを見守っていたのでした。


 ※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

関連記事

楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスについて発信中!

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

好きな映画をビジネスにすることを学んで見てください。

チャンネル登録お願いします。

  1. ミッション・インポッシブル

    「ミッションインポッシブル2」ネタばれあらすじ!トム・クルーズ主演大人気スパイ・…
  2. つまらない映画

    映画「MEG ザ・モンスター」あらすじネタバレと感想と評価!個人的にはつまらなく…
  3. アドレナリン

    映画「アドレナリン2ハイボルテージ」ネタばれあらすじ!
  4. スターウォーズ

    映画「スターウォーズ1/ファントム・メナス」ネタバレあらすじ!銀河の物語の始まり…
  5. メカニック

    映画「メカニックワールドミッション」ネタバレあらすじ!またもや死ぬフリをするジェ…
PAGE TOP