スパイダーマン

「スパイダーマン2」ネタバレあらすじと結末!敵はタコみたいなおっさん

どうも、光成です。

 

今日はスパイダーマン2について話していきます。

タコのようなおっさんとスパイダーマンが戦いますね。

相変わらずメリー・ジェーン・ワトソン役の女優は可愛くないです。笑

映画「スパイダーマン2」キャスト

  • スパイダーマン/ピーター・パーカー:トビー・マグワイア
  • メリー・ジェーン(MJ):キルスティン・ダンストン
  • ハリー・オズボーン:ジェームズ・フランコ
  • Dr.オクトパス(ドク・オック)/オットー・オクタビアヌス:アルフレッド・モリーナ
  • メイ・パーカー:ローズマリー・ハリス
  • ロージー・オクタビアヌス:ドナ・マーフィー
  • 新聞社編集長(ジョナ・ジェイムソン):J・K・シモンズ
  • ジョン・ジェイムソン:ダニエル・キリーズ
  • Dr.コナーズ:ディラン・ベイカー
  • ベティ・ブラント:エリザベス・バンクス

映画「スパイダーマン2」ネタバレあらすじ

MJのことを誰よりも愛しているピーター。

MJもピーターに愛を告げました。

しかし彼はスパイダーマンです。

彼女を危険に晒してしまうため、
本当の気持ちを伝えることができません。

 

ベンとノーマンの死から2年後、
MJは夢だった舞台女優になり、
香水の広告塔になるまでになりました。

ピーターは街の広告版に映ったMJを見るたびに、
悲しい気持ちになってしまいます。

大学に通い、ピザ配達のバイトをして、
スパイダーマンの仕事もこなすピーター。

 

しかし、あまりにも忙しいために、
すべてが中途半端になってしまいます。

バイトも遅刻ばかりで、結局クビになってしまいます。

ボロアパートの家賃さえ滞納してしまい、家主から毎日怒鳴られる始末。

 

帰宅すると、そこにはメイおばさんの他にも、
ハリーとMJがいました。

今日はピーターの誕生日でした。

サプライズで祝ってくれたのです。

 

忙しさのあまり、自分の誕生日さえ忘れていたピーターは、
MJに「別の世界にいるのよ」と、その美しい目を向けられます。

どうやらMJはピーターにすっかり恋に落ちている様子。

一方のハリーは、死んだ父ノーマンの跡を継いで、
軍需企業オズコープ社で、核融合の特別プロジェクトを取り仕切る立場になっていました。

そのプロジェクトを進める研究者の名前は、
Dr.オクタビアヌス(オットー・オクタビアヌス)。

 

彼は核融合の権威で、それはまたピーターのレポート課題でもありました。

オズコープは彼に資金提供をしていたのです。

一方で、ハリーは父ノーマンの死のことで、
スパイダーマンをまだ恨んでいる様子。

スパイダーマンの撮影バイトを続けているピーターとは、
そのことで少しぎくしゃくしてしまいます。

メイおばさんの方は、ベンが死んでしまったことで、家のローンが滞っているみたいです。

 

みんながそれぞれの問題を抱えているようでした。

 

ピーターがアパートに帰ろうと家を出たとき、
MJが外でずっと待っていました。

お互いを見つめ合う二人の目には愛があふれていましたが、
ピーターにはそのことを伝えることができません。

「明日の舞台を観に行くよ」と、
なんとか約束を取りつけるだけ。

MJはピーターの顔を撫で、「ハッピーバースデー」と心から祝福しますが、
その帰り際、「彼ができたの」と告白。

2年も待ったMJに、これ以上待つことはできないようでした。

ピーターはショックを受けますが、彼に口を挟む資格はありませんでした。

 

ハリーの紹介で、Dr.オクタビアヌスと会えることになったピーター。

開口一番、「知性とは自らの特権ではなくて、贈り物なんだ」と聞かされるピーター。

「世の中のために使わなければならない」のだと。圧倒されるピーターでしたが、
オクタビアヌスの開発した核融合装置を見て、その科学的達成を理解するピーター。

 

オクタビアヌスも感心します。

彼の開発した装置は、人工的に太陽レベルのエネルギーを作り出すもの。

もちろんそれほどのエネルギーにはリスクもあり、
ピーターが「安定化には成功したのですか?」と質問しますが、
「わずかな計算ミスもありえない」とオクタビアヌスは胸をはります。

彼の妻であるグラマラスな美人、ロージーを交えて、3人で食事をすることに。

ピーターの知性にますます感心するオクタビアヌス。

ロージーはピーターの恋について聞きますが、
戸惑うピーターを見て「きっと秘密の恋なのよ」とほほ笑みます。

 

オクタビアヌスは英文学専攻だったロージーを口説いた経験を踏まえて
「女性を口説くなら、詩を使え」とピータにアドバイスします。

 

その夜から早速、イェーツの詩集を読み始めるピーター。

今日はMJの舞台を観に行く日でした。

クローゼットの中には、スパイダーマンのスーツとネクタイスーツが並んでいますが、
今日は正装しなくてはなりません。

花を持ってスクーターで劇場へと向かいます。

 

しかし、道すがら、暴走車に遭遇してしまいます。

スクーターは壊され、ニューヨークの街中でカーチェイスが始まり、
スパイダーマンに変身せざるを得ませんでした。

 

結局、開演の8時に遅刻してしまい、
会場に入ることはできませんでした。

ピーターの席が空席であることを見て、
MJはまたもや気を落としてしまいます。

劇場の外で待っているも、
MJは新しいボーイフレンドと腕を組んでどこかへといってしまいます。

 

まるで鬱憤を晴らすために車を高速でドライブするように、
スパイダーマンはニューヨークの夜の街を飛びまわります。

しかし、途中でクモ糸が出なくなってしまい、
空から落ちてしまいます。

 

近頃、スパイダーマンとしての能力が発揮できないことがあるようです。

どうしたものか、気を揉むピーターでした。

翌朝、遅刻の理由を電話で伝えようとするピーターでしたが、
MJとは行き違いになってしまい、うまく伝わりません。

自分がスパイダーマンであること、誰よりもMJを愛していること、
真実を話したいという気持ちはもう止められなくなってしまいそうでした。

 

Dr.オクタビアヌスの核融合実験が、ハリーやピーター、
ロージーやマスコミの見守る中、行われようとしていました。

核融合実験の助手として、オクタビアヌスは4本の人工アームを開発していました。

一本一本のアームが高度な知能を持ち、
それらを被験者の脳神経とつなぐことでコントロールするのです。

 

「人工アームに脳が操られてしまうのでは?」と心配するマスコミからの質問に、
「この制御チップで、人工アームを制御できる」のだとオクタビアヌスは答えます。

自らの背中に4本の人工アームと制御チップを取りつけるオクタビアヌス。

 

そして、いよいよ、核融合装置の登場です。

燃料となるのは地球に11キログラムしかないと言われている貴重なトリチウム。

オズコープ社が提供していました。

そしてスイッチが押され、核融合が始まり、
1000メガワットの発電が起こりました。

 

どうやら実験は成功したようです。

拍手喝采でした。しかし、何かの力を察知するピーター。

すると、核融合装置の発する強烈な磁気によって、
クリップやネックレスなどが次々と引き寄せられていきました。

引き寄せられるものは、どんどん大きくなっていきます。

パニックになった実験室からはマスコミが逃げていき、
ハリーも「実験をとめろ!オットー!」と叫びますが、
オットーは「制御できる!」と頑なに実験を続けようとします。

 

ピーターはスパイダーマンに変身し、装置のプラグを引き抜こうとしますが、
オットーが人工アームを使って阻止。

いよいよ、実験室の壁が崩れ去り、窓ガラスも粉々に粉砕されます。

その破片がロージーに突き刺さってしまい、
さらには、オットーの背中についた制御チップをも破壊します。

気を失って倒れるオットー。

 

スパイダーマンが力づくでプラグを引き抜き、核融合装置は大爆発しました。

トリチウムの量がもう少し大きければ、ニューヨークの街自体が吹っ飛んでいたようです。

病院に運ばれたオットーの手術が開始されます。

しかし、突然、4本の人工アームが暴走を始めます。

くねくねと生き物のように動き回るアームは、
ヤマタノオロチのような見た目で、
医療スタッフを皆殺しにしました。

意識を戻したオットーは病院から逃げ出します。

 

新聞社では、編集長のジェイムソンが「ネタになるぞ!」と息巻いていました。

実験が失敗し、アームをつけたオットーが逃げ出したことは、
ニューヨーク中の話題になっていたのです。

ジェイムソンはオットーに、その見た目から、”Dr.オクトパス”、”ドック・オック”という通り名までつけました。

呼び出しを受けたピーターは、欠員補充で明日の夜8時、
プラネタリウムでのパーティに、カメラマンとして駆り出されることになりました。

 

一方、オットーは、妻が死に、自らの夢も消えた今、
「この恐ろしい怪物は川に沈めるべきだ」と一人呟きます。

しかし、人工アームは、まるでオットーを言い聞かすかのように、彼を威嚇します。

制御チップは壊れたものの、
オットーはまだ完全には人工アームに乗っ取られたわけではないようです。

しかし、核融合装置を復元しようとする人工アームの意識が、オットーの意識に先行してしまいます。

 

メイおばさんと銀行に来ていたピーター。

新たなローンの申し込みでしたが、断られてしまいます。

すると、突然、物凄い音がしました。

 

そこには人工アームをつけたオットー、
つまりドック・オックがいたのです。

黒いサングラスにハットを被り、アル・カポネのような出立ちで銀行強盗に押し入ったのです。

どうやら、核融合装置を復元させるた目の資金にするようです。

ピーターはスパイダーマンに変身しますが、
うまくクモ糸を操ることができません。

不調はまだ続いているようです。そのせいでメイおばさんがピンチに陥りますが、
なんとか助け出すことに成功し、この場は無事にすみました。

 

夜、ピーターはプラネタリウムでのパーティに、
カメラマンとして来ていました。

編集長ジェイムソンの息子、ジョン・ジェイムソンが主役です。

素敵なジャズが演奏されるなか、大階段から降りてくるジョン大尉。

 

なんとその隣にはMJが並んでいたのです。

MJのボーイフレンドとはジョンのことだったのです。

MJに話しかけても、いつもと違い、そっけいない態度。

ジョンはMJとの婚約発表までし、
へべれけになったハリーには「スパイダーマンのことがそんなに大切か!?」と絡まれ、
ビンタまでされてしまいます。

 

MJとジョンのツーショット写真まで撮らされたピーターは、
スパイダーマンとなって夜のドライブに繰り出しますが、
またしてもクモ糸が出なくなり、空中から真っ逆さまに落下。

手の張力もなくなりかけ、壁をよじ登ることもできません。

 

いったい、どうなってしまったのか?

病院に行って診てもらますが、身体はいたって健康なよう。

医者によると、どうやら心の喪失が問題なのでした。

 

「君がスパイダーマンであることを望んでいないんだ」「他にも選択肢はあるんじゃないか」。

もちろん仮説の話ですが、医者にそう言われ、悩むピーター。

ベンおじさんといつも話していた、フェアネスのこと、
正義のこと、そして、「偉大なる力には、大いなる責任が伴う」という言葉を思い出しますが、
ピーターの気持ちはもう固まってしまったようでした。

彼は裏路地のゴミ箱に、スパイダーマンのスーツを捨て去ります。

 

視力や身体能力を失ったピーターは、
メガネをかけて、平凡な暮らしに戻ります。

講義に出て、勉強し、教授に褒められる。

スクーターを修理し、ドジも踏みますが、彼は笑顔でした。

 

時折、パトカーのサイレンが気にはなってしまいますが、
何よりMJの舞台を観に行く時間ができました。

舞台の上からピーターを見つけ、
セリフを忘れてしまうくらい、幸せな気持ちになるMJ。

上演後、並んで歩く二人。「ピーター、あなた何か変わったわね」と嬉しそうに語るMJ。

 

そんな彼女を、ピーターはご飯に誘います。

しかし「ピーター、私結婚するのよ」と言われてしまいます。

ピーターは「やり直せる」と必死に説得しますが、
もう遅かったのです。

そもそも彼らは始まってもいなかったのです。

MJは教会で結婚式をあげることまで決まっていたのでした。

 

一方、新聞社では【ドック・オック逃走中】という記事が準備されていました。

そんななか、スパイダーマンのスーツを拾ったという男が、
それを売りにやってきました。

それを受けて編集長は、【スパイダーマンはもういない】という記事に差し替えました。

ニューヨーク中にスパイダーマンがいなくなったというニュースが広がります。

 

ピーターはベンのお墓参りの後、
メイおばさんにベンの死の真相を話します。

実は図書館にはいかなかったこと、
自分の見逃した犯人にベンが殺されたこと。

涙ながらに正直に話しますが、メイの方はショックだったのか、席を立ってしまいました。

 

実験が失敗し、スパイダーマンへの恨みを募らせていくハリーは毎晩、
酒を飲んでは酔っ払っていました。

そこに突然、ドック・オックがやってきたのです。

銀行から奪った金で復元も完了間近なのですが、
最後にはやはりトリチウムが必要でした。

それを持っているのはハリーだけです。

 

力づくで脅されるハリーは取引を持ちかけます。

スパイダーマンを生捕りにしたら、
トリチウムは渡そうと。

「どこにいる?」とドック・オック。

「ピーター・パーカーに聞け。あいつはスパイダーマンの写真を撮っている」とハリー。

オットーは一目散に夜の街へと駆けていきました。

 

スパイダーマンがいなくなった街では犯罪が増加していました。

そんななか、ピーターは火事の現場に遭遇します。

二階には幼い女の子がまだ取り残されています。

すでにスパイダーマンではなくなったピーターには、
驚異的な身体能力もなければ、クモ糸を出すこともできませんが、
それでも火事の中へと入っていくピーター。

女の子を助け出し、消防士に褒められます。

しかし、スパイダーマンだったら他の死者たちも助けられたのではないか、そう苦悩するピーターでした。

 

メイおばさんの家に行ってみると、立ち退きの準備をしていました。

小さいアパートを借りたようです。

ベンの話のことも「どんな水も流れていくわ。正直に話してくれてありがとう」と和解します。

そしてヒーローについて、メイから話を聞かされるのです。

正直であり、勇敢、気高く、誇りをもったヒーロー。

誰の心の中にもヒーローはいて、
子供たちはヒーローを望んでいるのだと。

それを聞いて決意を新たにするピーターは、ビルの屋上から飛び降ります。

決意を新たにし、顔つきは戦士でした。

身体能力を確かめたようです。しかし、まだ完全には戻っていません。

 

そんなとき、MJにカフェに呼び出されるピーター。

「信じるのが怖くて、あの時は、あなたの言葉をきけなかった」と正直に語ります。

どうやら、舞台後にピーターが「やり直そう」と話したことについてのようです。

 

しかし、それを聞いたピーターは「待って」と話を遮り、
断腸の思いで「君を愛してはいない」と語ります。

彼女を危険に晒すわけにはいかないのです。

それがスパイダーマンに戻る決意をしたピーターの答えでした。

 

ですが、ピーターとの思いが勘違いであることなど信じられないMJは、
「一度だけキスをして」とピーターに迫ります。

ジョンとのキスで得られなかったものを、
ピーターで確かめようとしたのです。

美しい顔を近づけるMJ。

 

しかし、突然危機を察知するピーター。

すると、カフェの中に乗用車が投げ飛ばされてきました。

急いでMJを助けるピーター。

ドック・オックでした。

ピーターにスパイダーマンの居場所を聞きにやってきたのです。

 

「3時にタワーに来いと伝えろ」とドック・オックは言い、
ピーターを投げ飛ばした上、MJを誘拐します。

瓦礫の下敷きになったピーター。

勢いよく飛び上がっる彼は、
メガネの度数が合わなくなっていることに気がつきます。

視力は回復していました。

 

愛の力でスパイダーマンの能力は完全に回復したようでした。

新聞社からスーツを盗んで、タワーへと向かうスパイダーマン。

死闘を繰り広げる二人ですが、ドック・オックの前に破れたスパイダーマンは生捕りにされて、ハリーの家へと連れさられてしまいます。

 

早速トリチウムを奪って、そのまま消え去るドック・オック。

一方、短剣を抜いて、スパイダーマンへ復讐をしようと近づくハリー。

マスクを剥ぐと、そこにはピーターの顔がありました。

 

驚きのあまり、腰が抜けるハリー。

「本当にお前が父を殺したのか?」と迫るハリーでしたが、
ピーターは「今はそれよりも大切なことがある」と言って、MJの場所を探し出します。

 

核融合装置のあるドック・オックのアジトへとやってきたスパイダーマン。

なんとかMJを助け出すスパイダーマンでしたが、
前回の実験よりも多量のトリチウムを使った核融合装置はすでに動き出してしまっています。

このままでは確実に、ニューヨークの街が吹っ飛んでしまいます。

 

ドック・オックに知性の話をするスパイダーマン。

「知性とは贈り物であり、世の中のために使わなければならない」
「正しいことのためには、大切な夢でも諦めなければならない」のだと。

その言葉で目が覚めたドック・オックは、
暴走する人工アームを手懐け、自ら装置と共に川に沈むことを決意します。

 

ドック・オックの「大いなる責任」によって、スパイダーマンとMJ、ニューヨークは無事に助かります。

しかし、MJに顔を見られてしまったピーターは、
「僕はスパイダーマンだから君とはいられない」と正直に告げます。

MJに「私を愛している?」と聞かれ、
「もちろん愛している」と答えるも、悲しいかな、別れる二人。

MJは駆けつけたジョンの胸へと帰り、ピーターはスパイダーマンとなって夜の街へと戻っていきます。

 

一方、自宅に一人取り残されたハリーは幻聴を聞きます。

それは鏡に映ったノーマンの声でした。

「私はお前の心の中に生きている」というノーマンは、
ピーターへの復讐を息子のハリーにそそのかします。

しかし、「あいつは親友だ!」と言って鏡を割り、
ハリーは復讐の誘惑を振り切ります。

 

ただ、鏡の奥には隠し扉がありました。

そこにはノーマンの開発した人体増強剤や特殊な武器、
それにグライダーとゴブリンマスクまでありました。

ハリーはそれを見て唖然とするのでした。

 

教会でジョンと結婚式を挙げるMJ。

しかし、MJはドレス姿のまま、教会を飛び出して走り出し、
ピーターのボロアパートへとやってきます。

「こうするしかなかった」というMJ。

目を丸くするピーター。「あなたがいないと生きていけない。今度は私があなたを守る番よ」と言って、
二人は熱いキスを交わします。

しかし、街にはパトカーのサイレンが。

スパイダーマンは街へと駆け出して行き、MJはその姿を窓から見つめていました。


 ※徹底的な管理をしている為、第三者に情報が漏洩することはありません。

関連記事

  1. スパイダーマン

    「スパイダーマン3」ネタバレあらすじ!感動の結末!

    どうも、光成です。初代スパイダーマンの3部…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


楽笑メルマガコミュニティ運営中

最近の記事

YouTubeビジネスについて発信中!

YouTubeで色々とビジネスのことを発信しています。

好きな映画をビジネスにすることを学んで見てください。

チャンネル登録お願いします。

  1. ロード・オブ・ザ・リング

    映画「ロード・オブ・ザ・リング」ネタバレあらすじ!壮大な指輪物語
  2. スターウォーズ

    「スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還」ネタバレあらすじ!アナキン・スカイウォーカ…
  3. メカニック

    映画「メカニックワールドミッション」ネタバレあらすじ!またもや死ぬフリをするジェ…
  4. スターウォーズ

    「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」ネタバレあらすじ!皇帝復活!
  5. つまらない映画

    映画「MEG ザ・モンスター」あらすじネタバレと感想と評価!個人的にはつまらなく…
PAGE TOP